お手軽アジの南蛮漬け講座

どうも。最近モンスターを狩る仕事をしているYou提督です。

今回はお手軽なアジの南蛮漬けの作り方を紹介したいと思います。

 

南蛮漬け

南蛮漬け(なんばんづけ)は、から揚げに「南蛮酢」というネギ・唐辛子の刻みを混ぜた甘酢を掛けた(あるいは漬けた)料理。掛けるなら西洋料理でいうエスカベシュに相当し、長く漬ければマリネである。鶏肉だけでなく、ワカサギ、アジ、イワシなどの魚類でも作られる。(引用:wikipedia)

 

材料(5人分)

小アジ 30尾

玉ねぎ 1個半

人参  1本

小麦粉 適量

秘伝の南蛮酢 300ml

 

作り方

1)野菜の下ごしらえ
玉ねぎは縦方向に半分に切り、それを薄切りにします。

にんじんは斜めに薄切りし、それを千切りにします。

IMG_1426

切り終わった野菜を適当な容器に移して秘伝の南蛮酢につけます。

秘伝の南蛮酢とは‥

 

 

 

 

 

IMG_1453

そう、ポン酢です!!

  本当なら醤油・砂糖・酢などを用いて南蛮酢を作るのですがめんどk・・・

ポン酢を野菜全体にかけて軽く揉みながら混ぜ合わせます。

10分程度そのまま漬け置きし、軽く絞って出てきた水分を捨てます。

再度ポン酢を全体にかけてアジの処理ができるまでそのまま漬け置きしておきます。

 

2)アジの下処理
小アジのエラとワタを取ります。

IMG_1424s

エラブタを開き、親指と人差指でエラと胸ビレの付け根のあたりを同時につまみます。

エラと胸ビレのあたりを摘んでそのまま引っ張るとエラ、胸ビレ、内臓が同時にとれます。

取れたら腹部を流水でしっかりと洗い流し、キッチンペーパーで水分をしっかり取ります。

大きめのアジの場合はゼイゴ(尾ひれの前にあるウロコ)を切り取って下さい。今回は小アジを使っているので取りません。

 

水気を切った小アジは小麦粉を薄くまぶしておきます。

IMG_1476

 

3)アジを油で揚げます

フライパンに2cm位の深さまでサラダ油をいれて180℃に熱します。そこに下処理をしたアジを投入し、骨まで食べられるように5分程度しっかりときつね色になるまで揚げます。

IMG_1494

揚げ終わったら軽く油をきり、アジが熱いうちにあらかじめポン酢を入れておいたボウルにいれます。

「ジュッ」という音が鳴り、軽く熱が取れるまでそのままアジを漬けておきます。

IMG_1510

あとは、器に漬け置きした野菜をしいてその上にアジをのせれば完成です。

IMG_1514

写真の映りが悪くあまりおいしそうに見えない;;

 

でも食べてみてもらえればわかると思います。味付けがポン酢だけとは思えないおいしさです。

出来立てでも十分おいしいのですが、冷蔵庫で2~3日寝かせるとよりおいしくいただけます。

みなさんぜひ試してみてください。

 

※正確にいうとこれは南蛮漬け(風)料理であるのでご注意を。

 

“お手軽アジの南蛮漬け講座” への1件のフィードバック

  1. もりもっこり より:

    美味しいそうな南蛮漬けですね。それよりも、集会所を手伝ってください

コメントを残す

このページの先頭へ