4月 足羽川上流

4月 池田町足羽川上流

 

福井の山側は雪が深いですが、ぼちぼち道路の雪は溶けてきたので足羽川の上流にヤマメ狙いで行ってみた。

 

足羽川の下流はサクラマスが釣れるので有名だが、上流にいけばけっこうな谷である。

それでも川幅は結構あるので長めの竿でも十分に振ることができるのでのびのびと釣りができます。

スタイルは細糸の仕掛けに川虫やミミズをエサに使うフカセ釣りです。

 

HI3G0940

 

道路近くの斜面にはキクザキイチゲ。

このあたりは自然がいっぱいなためか、道路脇できれいな花が咲いていても誰も採ったりもせず、自由に咲いているのがすばらしいです。

 

降りやすそうな山の斜面から川に降りていきます。帰り道もそうですが、あまりちゃんとした道ではなくカンで登り降りする場所を決めることが多いです。

もちろん山道は危険なので注意しましょう(笑)

 

川にたどりつくと、目前のすごく魚がいそうな瀬でさっそく竿だすが魚の気配はなし。

 

HI3G0944

 

川岸沿いにどんどん川を上っていくと、小さな滝が。水しぶきをあびながらさらに上流をめざします。

だが1時間ほどたってもなかなか魚の気配がなし。まあだいたい午後からの釣りはおもったほどは釣れないことが多いです。。

 

これは夕まずめの一時の食いがたつ時間を狙う作戦でいこう。

 

水の流れの緩やかそうな瀬の横には大きな石がみえます。ここの際を上流側からゆっくりと流してみます。

深いめ川の流れにそって目印がゆっくりと流れていきます。そして、目印がピタッと止まるはっきりしたアタリ。

 

すかさず合わせると竿先がズシとしなって竿が曲がる!けっこうでかい。

 

下流に走るのを竿でためると黒っぽい魚体が浮いてきます。 おっと、こいつはイワナだな。

できるだけすばやく手元によせたいが、こいつは元気すぎてちょっとむずかしいようです。

 

水面をバチャバチャいわせながらようやく手元によせてタモで掬うと26センチイワナ

HI3G0945

 

このサイズだとなかなかに釣り応えはあります。

 

基本的にはアマゴやヤマメを狙いたいのだが、どうもこの川はイワナが多いようである。

 

ひとまず今日はかなり流れの緩いところがポイントなのがわかったので、緩やかな瀬を狙っていくことにします。

岩の横はイワナが釣れやすいので、深さのありそうな瀬に仕掛けを流します。

 

上流にふわりと仕掛けを投入、ゆっくりと仕掛けを流していきます。

そうするとこれもはっきりしたアタリ。竿先がしなってグングンと手元にきます。

 

あがってきたのはアマゴ

HI3G0948

尾びれの綺麗な天然ものです。これでようやくアマゴが釣れた。

 

その後、ヤマメ一尾を追加。そしてそこで日暮れ。帰還の時間です。

ここはけっこう深い谷なので早く川からあがらないとあっという間に真っ暗闇になって帰れなくなります(笑)

 

少し川を上ったところの、山の斜面をよじ登って道路にたどり着きひと段落。

 

山の斜面には桜。花の香りがただよってきます、

HI3G0953

 

・・・

そして、謎の小僧(笑)

 

HI3G0949

HI3G0950

 

確か、この小僧には仲間がいて、県内の各所似たようなやつが配置されているという話です。

 

今回は数は少なめですが、アマゴ、ヤマメ、イワナと3種類そろって短時間でまあまあの内容でした。

 

今回の釣果。

ヤマメ2尾 イワナ1尾

HI3G0955

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ